毎日飲めちゃう美味しい青汁ランキングベスト3

青汁といえばまず思い浮かぶのが苦い味ですよね。緑野菜独特の味は、正に良薬口に苦しと言えるでしょう。あまりに苦いと体にいいと分かっていても敬遠しますよね。ご存知ですか?最近の青汁は苦いものばかりではないんです。今はダイエットのドリンクとして、高齢の方だけでなく、若い人も青汁を飲みます。

特に女性の愛用率は増え続けています。そこで、女性にも好んでもらえる様な味付けの青汁を色んな企業が売り出すようになったのです。今回は、青汁に興味はあるけど苦いんじゃと思っているあなたのために、口コミが多かった飲みやすさでみんな飲んでいる青汁人気の上位3品をご紹介しますね。

1位 極(きわみ)の青汁

飲み安さで堂々の1位に輝いたのが、極の青汁です。大手飲料メーカーのサントリーが開発しただけあって、飲み安さは業界NO1です。百回以上の試作を重ねたという味は、まるで上品なお茶を飲んでいるかの様な気持ちにさせてくれます。

その秘密は宇治産の煎茶と愛知県産の西尾抹茶。この2種類を、絶妙な割合でブレンドすることによって、青汁の苦味を感じさせないテイストに仕上げているのです。知名度も飲みやすさも抜群な極の青汁は、初心者の方に試してもらいたい商品です。青汁がどんなものか知りたい方にもいいと思います。

2位 大正製薬のヘルスマネージ大麦若葉青汁

某健康ドリンクで有名な大正製薬が開発したドリンクです。健康面のケアをしたい人達をターゲットに作られました。この商品は、特定保険用食品にも指定されていて、高血圧や、野菜不足による体調不良によっておこる症状に効果的です。

主成分の大麦若葉に含まれる難消化性デキストリンは、ビタミン不足からくる血糖値の上昇を防いでくれるので、野菜が苦手な人にも有効です。栄養価がとても高い青汁ですが、飲みくちはスッキリとした、ほろ苦い抹茶に似ています。抹茶の好きな人なら楽しく飲める商品です。

3位 めちゃたっぷりフルーツ青汁

インスタやツイッターなどで、女性に絶大な支持を受けているのが、めちゃたっぷりフルーツ青汁です。ユーザーの多くがダイエッターなのも特徴です。フルーツ青汁という商品名のとおり、味はフルーツジュースに近くて甘いです。フルーツは合計11種類入っています。

美容やダイエットにとても効果があり、ダイエットのサポートドリンクしても人気です。甘みがあるので、野菜嫌いな子供でもジュースみたいに飲むことができます。この青汁は、置き換えダイエットのドリンクとして飲んでる人もいます。フルーツの甘みが満足感を与えてくれるので、甘いものを我慢したくない人に人気です。

毎日美味しく飲める青汁は沢山あります

いかがでしたか?サントリーと大正製薬という大手2社がベスト3にランクインしました。サントリーは飲料会社なので、品質に関しても安心できそうです。青汁といえば、昔はマイナーな飲み物で作っている会社の多くが個人経営でしたが、失敗しない青汁今は大手や製薬会社まで進出してくるほどメジャーなドリンクです。味も色んなものが出ているので、飽き性な方は複数のテイストを揃えてローテーションしてみると、楽しいかもしれないですね。

上位3つの公式サイトには、沢山のユーザーから寄せられた口コミが載っています。詳しい味や効果を知りたい方は是非覗いてみてくださいね。

なりたい自分をサポートしてくれる良質な青汁の選び方

知名度が高いから、みんなが飲んでいるから、口コミに効果があると書いてあったから。青汁を飲んでいる人は、ほとんどが上記のような理由で商品を選んでいます。確かに、効果が高かったり人気があったりという理由は選ぶのに必要な要素でしょう。しかし、効果と人気があっても、安全かどうかまではわかりません。安全な青汁へたどり着くためには、いくつかポイントがあるんです。どんなポイントがあるのか順番にみていきましょう。

無農薬で成分密度が濃いもの

原料に無農薬の有機野菜を使っているものは、まず安全です。なぜなら、有機野菜は特別な厳しい規格に合格したものだけに付けられる固有名詞だからです。一回の量にどれだけの成分が凝縮されているかも大事な項目です。青汁に入っている成分の含有量は、企業によって異なります。ほとんどが100g単位の含有量を表示していますので、なるべく数字が高いものを選ぶと効果が表れやすいです。

国産で栽培地が明記されているもの

原材料と青汁の効果が知りたいが分かっていても、調べてみたら外国産だった。というケースが稀にあります。外国産が全て危険という訳ではありませんが、国産の方が高確立で安全です。材料を外国から輸入していた場合、もしかしたら日持ちのために防腐剤を使っているかもしれません。国産なら、産地直送が多いので安心して飲めます。

原料が国内でも、製造地が外国の場合もあります。原料を確認する時は、あわせて製造地も確認し、どちらも国内のものを選びましょう。

JASの認定マークがあるもの

JASマークとは、農林水産大臣の決めた品質基準や、表示されている基準に合格した製品だけが貰えるマークのことです。実は有機野菜と名乗っていいのも、JASに合格した食品だけなのです。有機野菜には有機JASという規定があります。この規定をクリアした野菜は有機野菜と名乗る許可をもらえます。JASをクリアしている製品は、上記2つもクリアしているものが多いので、ここは一番大事なポインだと覚えておきましょう。

JASマークの青汁を飲めば安全も効果も手に入る

青汁の原料は、無農薬の有機野菜が安心です。どれだけ効果があっても、値段が安くても、農薬まみれの物では体に影響を及ぼしかねません。毎日飲むものだからこそ、国産のしっかりした物を選んで安全に続けていきたいものです。ポイントとして、JAS認定を受けているかどうかは必ず確認するようにしましょう。

認定を受けているのといないのとでは、安全の度合いが違います。これから青汁を飲もうと思ってる方は上記の点に気をつけて選んでみてくださいね。